医療費を大幅に下げる方法

思わぬケガや病気で病院にかかり、高額な医療費を請求された経験はありませんか。実は高額な医療費を払っても、後からお金が戻ってくる制度があるのです。知らないと損するこの制度を分かりやすくまとめてみたいと思います。もしもの時のために、知識として覚えておくと慌てることなく対処できるかもしれません。

高額な医療費を支払ったときに、高額療養費制度を使えば後からお金が戻ってくることがあります。この制度は、健康保険の制度なので、保険証を持っている人なら誰でも利用することが可能です。70歳未満の人は所得に応じて医療費の上限が決められており、その上限を超える金額を支払ったときに高額療養費制度を利用することができます。

高額療養費制度を使えば、実質的に医療費を負担する額がかなり抑えられ、ある意味お得な制度ですが、いくつか注意点があります。まず、月を跨いで高額な医療費を払った場合は注意が必要です。この制度は、毎月1日からその月の末日までの1か月間が対象となります。したがって、月を跨いで支払った医療費が1か月の負担の上限額に達しても、この制度の対象外になってしまうのです。

また、差額ベッド代や食事代は対象外になります。そして、特に重要なポイントとして、高額な医療費を支払ったときに自動的に高額療養費制度が適用されるわけではありません。自分で申請して初めて利用することができるのです。この制度は、診察を受けた月の翌月1日から2年以内であれば申請することができます。もしこの期間に高額な医療費を支払ったが、制度を知らずに申請していない場合は、今からでも間に合うのでぜひ申請してみましょう。

自己負担額も、入院期間が長くなるほど大きくなります。しかし、高額療養費制度を使えば場合によってはかなりの金額が戻ってくるのです。保険証を持っている人なら誰でも使える国が定めた制度なので、高額な医療費を支払ったときにはぜひ利用しましょう。

ページのトップへ戻る