簡単にできる!医療費控除

医療費控除とは、医療費を多く払った年に確定申告するとお金が戻ってくる、国が定めた制度です。具体的には、1年間に10万円以上医療費を支払った場合が対象です。自分自身の医療費のみではなく、配偶者や子供など生計を一にする家族の分の医療費も対象となります。また、医療費控除の対象となるものは意外と範囲が広く、病院に支払った治療費だけではなく、例えば通院にかかった交通費なども対象となります。いずれにしても確定申告しなければ戻って来ないので、医療費が10万円以上かかった年には、会社員の場合でも必ず確定申告をしましょう。

確定申告に必要なものは、給与所得の源泉徴収票の原本、医療費を払ったことが証明できる領収証などの書類、医療費明細書の3点です。医療費明細書は自分で明細書を作成してもよいですし、書き方に迷う場合は、税務署で用意されている医療費明細書を使用してもよいでしょう。この3点を持って、翌年の2月16日〜3月15日までに住民票を置いている地域の税務署で手続きを行います。また、税務署に行くのが面倒な場合は、e-Taxという、インターネットで確定申告する方法もあります。どちらでも都合の良い方で手続きしましょう。

一般的には、出産や歯の治療をした年には医療費が高くなりがちです。その年が終わるまでは念のために領収証は捨てずに保管しておきましょう。また、お金を分割して支払う場合には少し注意が必要です。例えば医療費18万円を、9万円ずつに分けて今年と来年に支払うのは避けたいものです。なぜなら、他に医療費がかからなかった場合、10万円を超えなくなるため、医療費控除を受けることができなくなるからです。医療費控除の制度を最大限に使うためには、できるだけ年内に支払いを終えるのがよいでしょう。

確定申告と聞くと難しそうに聞こえるかもしれませんが、ポイントさえ押さえておけば誰でも簡単にできるものなのです。もしも医療費が1年間に10万円を超えたらぜひ医療費控除を申請しましょう。

ページのトップへ戻る